大阪北部地震の影響を受けられている皆様へ

今朝、近畿地方で震度6弱の地震が発生したとのことですが、
該当する地域にお住まいの方、滞在されている方に
心よりお見舞い申し上げます。

皆様および大切な方々の、
安心、安全をお祈り致しております。

☆多言語の災害情報アプリ「Safety tips」
https://itunes.apple.com/jp/app/safety-tips/id858357174?mt=8

☆ 自治体国際化協会(クレア)の災害時における外国人支援のためのツール
http://dis.clair.or.jp/
☆自治体国際化協会(クレア)の多言語災害情報文例集
http://www.clair.or.jp/j/multiculture/tagengo/mesbasic.html

☆おおさか防災ネット
http://www.osaka-bousai.net/pref/index.html(日本語)
http://www.osaka-bousai.net.e.add.hp.transer.com/pref/index.html(英語)
http://www.osaka-bousai.net.c.add.hpcn.transer-cn.com/pref/index.html(中文簡体)
http://www.osaka-bousai.net.t.add.hp.transer.com/pref/index.html(中文繁体)
http://www.osaka-bousai.net.k.add.hp.transer.com/pref/index.html(ハングル)
スポンサーサイト

新期のご挨拶~第9期を迎えまして~

皆様

平素より、大変お世話になりまして、
誠に有難うございます。

私が思い切って独立したのは、2008年5月でした。
当時、全く見通しもないまま、舵取りも出来ず、
どのようにしたら良いのか考えあぐねつつ、
日々、目の前にある物事に一生懸命取り組んで参りました。

いま法人として、第9期のスタートを
無事に迎えることが出来、心より感謝申し上げます。

「企業を豊かに、個人をより豊かに。そして、社会を豊かに」

起業から十年のときを経て、
グローバル化という趨勢、また東京オリンピックに向け、
多言語の翻訳業務が増えたり、
業務内容が若干変化することもありますが、初心は同じです。
私は、言葉の力、伝わる力、つながる力、結ぶ力は
結局、人によるものと信じております。
(手紙や葉書など、筆跡のにじむアナログなもの、また紙媒体、
インターネット上のWebサイトやあらゆるファイル、
メール、メッセージ、ブログ等々、利用ツールはさまざまございます。)

各プロジェクトに応じて国内・海外における独自のネットワークを活用し、
女性を中心に、信頼できる優秀なスタッフ100名超と提携しております。

この度、改めてランディングページ翻訳も刷新しました。

スタッフ一同、これまで以上に精進して参りますので、
引き続きのご支援、ご指導、ご鞭撻、ご意見を賜れば幸いです。

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

平成30年(2018年)6月9日

株式会社海
代表取締役 水口海

【ご案内】港のみえるチャリティ☆カフェ@yokohamaみなとみらい2018

恒例の海の日スペシャル企画!
150720_01.jpg
チャリティ☆イベントのご案内です。

今年も みらい育ティーチャーズによる
絵本制作ワークショップをメインに展開。

イマジネーションからイメージを引き出し、
タネからはじまる5つのストーリーを描きます。

キーワードは「自己肯定」&「他者肯定」、
そして「多様性」の受容や共有。

教育機関をはじめ、さまざまな場所で
多くの実績を出しているワークショップ☆

また、チャリティ☆イベントですので、
寄付先である紛争や災害時の緊急・人道支援を行う
Japan Platform (ジャパン・プラットフォーム)
ご関係者をお招きし、被災地の現状と今後について
お話いただきます。

懇親会では、umiPJお馴染みの
大珍樓特製中華弁当、
東北や九州のお酒と一緒に楽しみます。

中華人民共和国認定高級評茶員である
棗茶房の店主・浅賀智恵さんセレクトによる
高級中国茶もご提供致します!

毎回、世代を超えた方々にお集まりいただき
大好評いただいているイベント☆
二年ぶりの開催ですので、是非ご参加ください。

【開催日時】
2018年7月16日(月) 海の日
(開場)16:00  (開会)16:30  (中締め)20:15
※21時に完全撤収

【会 場】 シルクセンター 6階
横浜市中区山下町1番地

【会 費】 
8,500円(高・大学生は3,000円、中・小学生は1,000円、5歳以下は無料)
※ペット参加は応相談 
※5月31日までにお振込みいただいた場合、8,000円になります。
(災害支援金、ワークショップ代、ドリンク代、お弁当代、懇親会費など全て込)
*災害支援金500円は、東北被災地の活動団体へ寄付いたします。   
*必要な方には領収書をお出ししますので、宛先をご記入いただけますと幸いです。
*民族衣装着用の方、外国籍の方は、500円割引となります。
⇒当日キャッシュバックいたします。

【共 催】
株式会社あおむし(みらい育ティーチャーズ)
株式会社アネクシ

【協 賛】
大珍樓
棗茶房

【前回の様子】
港のみえるチャリティ☆カフェ@YOKOHAMAみなとみらい2016「じっとみて。」ワークショップ
http://umizustory.blog134.fc2.com/blog-entry-728.html

【お申し込み】 
以下のフォームへご記入ください。
PC・スマホ共用フォームURL
https://ws.formzu.net/fgen/S40471963/

スマホ専用フォームURL
https://ws.formzu.net/sfgen/S40471963/

携帯電話用(ガラケー)フォームURL
https://ws.formzu.net/mfgen/S40471963/


ゴールデンウィークの営業とお客様対応窓口のご案内

皆様へ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
本年4/28(土)~5/6(日)の営業窓口は、以下の通りとさせていただきます。

■お電話・FAXからのご対応窓口

Tel:03-6890-8333
Fax:03-6228-2004

*5月1日、2日を除き、音声対応となりますが、
24時間随時受け付けております。

■メール、お問い合わせフォームからのご対応窓口

Mail:info@umizu.net
お問い合わせフォーム
*メールにつきましては、祝日も常時受付けております。

緊急案件の場合、その旨をご記載、ご連絡いただけましたら、
迅速に最大限の対応をさせていただきます。

ご不便をおかけしますが、
何卒ご了承の程、宜しくお願い致します。

皆様方におかれましては、実りある黄金週間を
迎えられますよう謹んでお祈り申し上げます。

【お知らせ】「アフリカへ毛布をおくる運動」

本年も、心新たに新年度を迎えられましたことに
心より、感謝申し上げます。

「アフリカへ毛布をおくる運動」のお知らせです。

LE283_afurica_omo_A2_B案_04ol (002)s

1984年12月、政府(外務省)の肝いりでスタートし
国連(ユニセフ)、民間のボランティアにより継続されてきた運動。
現在は、例年4月~5月に行われており、
これまでに約414万枚超の毛布を現地へ届け続けています。

ご縁をいただき、今年もポスターをはじめとする
販促ツールのコピーライティングを担当しております。

mofu_poster2017s2.jpg

2017年。

mofu_poster2016s.jpg

2016年。

mofu_poster2015s.jpg

そして2015年制作のもの。
4年連続いただいているお仕事、
有難い気持ちでいっぱいです。

ご興味ご関心のある方は、
JBACのHPを覗いていただけますと幸いです。
毛布のご提供については、こちら
季節の変わり目、大型連休前後に断捨離を敢行される方もおられると思います。

以下、引用掲載致します。

【キャンペーン期間】
2018年4月1日(日)~5月31日(木)

【参加方法】
参加には2通りの方法があります。

1.毛布+海外輸送協力金
毛布を下記の宛先までご発送ください。
また、あなたの毛布が日本を出発して現地の人びとの手に届けられるまでに、
一枚あたり1,000円のコストがかかります。
あなたの毛布を現地へ届けるために、海外輸送協力金にもぜひご協力ください。

2.海外輸送協力金のみ
毛布を現地へ届けるために、海外輸送協力金のみも受け付けております。

【毛布送付先】
〒210-0869 
神奈川県川崎市川崎区東扇島27-4
「日通 東扇島国際物流センター毛布係」宛て
Tel: 044-288-1343
※日本通運倉庫までの送料は、各自ご負担ください。土・日・祝日はお休みです。
※毛布の受付期間は4月1日~5月31日です。

以上、お知らせでした。

本年度も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Read more...