【お知らせ】アフリカへ毛布をおくる運動

例年4月~5月に行われているキャンペーン。

mofu_poster2017s2.jpg

2017年で現地配付33年、これまでに411万枚以上の
毛布をアフリカへ届け続けている運動です。
ご縁とお仕事をいただき、今年もポスターをはじめとする
販促ツールのコピーライティングを担当しております。

mofu_poster2016s.jpg

上のポスターが昨年。

mofu_poster2015s.jpg

そして一昨年制作のもの。
3年連続いただいているお仕事、
有難い気持ちでいっぱいです。

ご興味ご関心のある方は、
JBACのHPを覗いていただけますと幸いです。
毛布のご提供については、こちら
大型連休前後に断捨離を敢行される方もおられると思います。

以下、引用掲載致します。

【キャンペーン期間】
2017年4月1日(日)~5月31日(水)

【参加方法】
参加には2通りの方法があります。

1.毛布+海外輸送協力金
毛布を下記の宛先までご発送ください。また、あなたの毛布が日本を出発して現地の人びとの手に届けられるまでに、一枚あたり1,000円かかります。あなたの毛布を現地へ届けるために、海外輸送協力金にもぜひご協力ください。

2.海外輸送協力金のみ
毛布を現地へ届けるために、海外輸送協力金のみも受け付けております。

【毛布送付先】
〒231-0811 横浜市中区本牧埠頭3番地8号棟  本牧埠頭B貨物センター
「日通 本牧毛布係」宛て
Tel: 045-622-1516
※日本通運倉庫までの送料は、各自ご負担ください。土・日・祝日はお休みです。
※毛布の受付期間は4月1日~5月31日です。

以上、告知でした。
よろしくお願い申し上げます。

スポンサーサイト

【業務連絡】ゴールデンウィークの営業とお客様対応窓口のご案内

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

本年4/29(土)~5/7(日)の営業窓口は、以下の通りとさせていただきます。

■お電話・FAXからのご対応窓口

Tel:03-6890-8333
Fax:03-6228-2004

*5月1日、2日を除き、音声対応となりますが、
24時間随時受け付けております。

■メール、お問い合わせフォームからのご対応窓口

Mail:info@umizu.net
お問い合わせフォーム
*メールにつきましては、祝日も常時受付けております。

緊急案件の場合、その旨をご記載、ご連絡いただけましたら、
迅速に最大限の対応をさせていただきます。

ご不便をおかけしますが、
何卒ご了承の程、宜しくお願い致します。

皆様方におかれましては、実りある黄金週間を
迎えられますよう謹んでお祈り申し上げます。

次年度より改めて…

平素より大変お世話になり、有難うございます。
おかげさまで、年度末を迎えました。
というわけで、締めというか、そんな感じで更新致します。

【株式会社海】会社案内2017_ページ_1

実績は、といいますと、こんな感じです…。

【株式会社海】会社案内2017_ページ_2

2016年度の実績につきましては、5月頃にアップ予定です。
企画イベントのご報告が主だったブログに関しましては、
来年度、ビジネス案件にとどまらず、ことば関係のイベント、
伝統芸能に関するお仕事
(翻訳がらみで既にいろいろ戴いておりますが、
国語教育、日本語教育も含めてさまざまな分野に)
幅を拡げていきたいという思いで、更新していきます。

201702151506270330.jpg

せっかく(?)なので、この度は
恵比寿の東京都写真美術館
午前10時20分~上映の『冥土の飛脚』についても言及。
(期限も迫っていたからか、満杯状態でピリピリモードだったことに吃驚致しました。。
基本的に、文楽や歌舞伎、狂言等は余裕を持って観るものと思っていたこともあり…)

20170215150627.jpg

今回は、道楽息子のラブロマンス
(ってワンフレーズでは身も蓋もないのですが…)
落語については、「人間の業の肯定」と仰った落語家がおられましたが、
義理・人情のストーリーにおいても
親子どもの血縁、因縁あり、業の肯定というか、ある意味、『赦し』を得るまでの物語。

舞台セットは、1979年、京都・太秦撮影所に作り上げたもので、
障子の出し入れは手づくり。

カナダ出身の映画監督マーティ・グロス氏が文楽演者たちの協力を得て、
日本の映画を撮り慣れたキャメラマンをはじめとするスタッフと共に、
近松門左衛門の世界、そして人形浄瑠璃・文楽の世界に迫った作品という触れ込み。
音楽監修は武満徹氏と後で知りましたが、太夫の音声、三味線の音色は
いま聴いても、ことばの奥ゆき、彩りが感じられました。
映画なので、時間の都合もあり、カットされていましたが
(編集はものすごく大変だったと予想されます)
最後の最後まで観られたらベストと思います。

文楽は大阪に通ってしまうほど大好きなのですが、
今回あまり好きになれるようなストーリーではありませんでした…。
でも、そこに登場する主人公(ヒーロー)なり、ヒロインを
脚色してくださる方がいらっしゃり、
稀代の名役者さんたちが支えてくださっているところに
将来があるのかなと思います。
見えないものに、命を吹きかける役者さん、太夫さん、浄瑠璃等
奏者の方々、そして運営の方々も、心から応援致しております。

弊社はビジネス案件がメインではありますが、
次年度は伝統芸能、文化を伝えることに重点を置きつつ、
ことばづかい、音韻の美しさも可能な限り、
海外の方々へよりよく伝えられるよう、力を尽くして参ります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

明けましておめでとうございます。


UMI2017.jpg

明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり、感謝申し上げます。

一日一日、より良いサービス、お客様のご満足を目指し、
誠心誠意努力して参ります。
本年も、何卒よろしくお願い申し上げます。

世界中すべての皆様にとって、
健やかによろこび笑み溢れ
みのりある幸多き年となりますように。

平成29年元旦

【ご報告】チャリティ☆望年会@横浜中華街2016

今年も冬至を迎え、残すところあと10日。

かなり、遅くなってしまいましたが、
チャリティ☆望年会@横浜中華街2016の
ご報告を致します。

20161203_tableE.jpg

2009年7月の海の日以来、通算66回目のイベント。

20161203_ishizaki.jpg

乾杯のご発声は、元三菱財団常務理事、
認定NPO法人ジャパン・プラットフォームの石崎登氏。

20161203_kanpaishu.jpg

乾杯酒は、岩手県八幡平市
わしの尾さんの新酒「しぼりたて原酒」と
鳥取・北条ワイン醸造所のロゼ。
第一部にご登壇いただいたのは、
毎回1コイン(500円)継続寄付させていただいている
認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム
東北事務所長兼国内事業部長 阿久津幸彦氏。

20161203_akutsu.jpg

今年の新春茶会に引き続き、2回目のご登壇。
「今後の災害に向けて~地域はどのように力をつけていくべきか」
震災直後、政府現地対策本部の責任者となり、
初代復興大臣政務官である阿久津氏より、
岩手・宮城・福島で初動対応された実績を踏まえてのお話。
加盟NGO46団体中、JPF助成金により16団体が24の支援事業を実施。
東日本大震災と熊本地震との比較、そして東北の被災地からどう学ぶのか?
これから熊本で予測できる課題にどのような予防策が必要か?など。
さらに、今後、起こりうる大きな国内災害に向けて、
地域力の強化こそが重要である、というお話を中心に伺いました。
そして…

20161203_riku (2)

毎回驚きのある大珍楼の中華フルコース。
「今回はとてもオーソドックス」(陸社長曰く)とのことでしたが、
参加者の皆様からは「定番も素晴らしい」と大好評。

2016_1203_zensai.jpg

まず、広東式焼き物前菜盛り合わせ。

20161203_soup.jpg

海鮮入りフカヒレスープ。

20161203_harumaki.jpg

春巻き。

20161203_tenshin.jpg

フカヒレ入り餃子・豚肉焼売。

20161203_happosai.jpg

八宝菜。

20161203_shrimp.jpg

エビチリ。

20161203_rice.jpg

自家製干し肉入りチャーハン。

20161203_gomadango.jpg

胡麻団子。

20161203_annin.jpg

やわらか杏仁豆腐。

20161203_arai.jpg

第二部では、自己紹介と今後の振り返り、
来年の抱負も込みでの、参加者全員からのフィードバック。

20161203_bells02.jpg

第三部では、ミュージックベル&トーンチャイムによる
クリスマスメドレー
『花は咲く』も演奏いただきました

最後に、40名分の支援金をスタッフより贈呈。

20161203_shien.jpg

2011年3月から本格始動したチャリティ☆イベント。
JPFに納めている復興支援金の総額は70万6,870円。
多くの方々に支えられ、今後もイベントは継続していきます。

少し早いですが、メリークリスマス

すべての皆さまが、それぞれにとって
よりよい年をお迎えくださいますよう心よりお祈り申し上げます