FC2ブログ

コロナから、120年前を振り返りつつ、外国人の皆様へ

いまから120年前のこと。

1900年に制定された治安警察法により結社の自由が弾圧、
1910年から1911年に起こった大逆事件で
無政府主義者が弾圧・粛清されました。

※「集会・結社の届け出を義務とし、
軍人・警察官・宗教家・教員・学生・女子・未成年者の政治結社加入と
女子・未成年者の政談集会参加を禁止したほか、
集会に対する警察官の禁止・解散権、結社に対する内務大臣の禁止権を規定しました。
また、労働者・小作人の団結・争議を禁止し、
日清戦争後盛んになりつつあった労働運動・農民運動の取締りを盛り込みました。」
http://www.archives.go.jp/ayumi/kobetsu/m33_1900_01.html
(※「国立公文書館」HPより引用)

1925年(大正14年)には、
治安維持法(大正14年4月22日法律第46号)が制定されました。
1923年(大正12年)に関東大震災後の混乱を受けて公布された
緊急勅令・治安維持ノ為ニスル罰則ニ関スル件
(大正12年勅令第403号)前身のひとつです。
「『国体ヲ変革シ又は私有財産制度ヲ否認スルコトヲ目的トシテ結社ヲ組織
又ハ情ヲ知リテ之ニ加入シタル者ハ十年以下ノ懲役又ハ禁錮ニ処ス』とあるとおり、
『国体』の変革と私有財産制度の否認を目的とする結社を組織することと
参加したりすることを取り締まることとしました。」
http://www.archives.go.jp/ayumi/kobetsu/t14_1925_02.html
(※「国立公文書館」HPより引用)

誰もが、気をつけていないと、歴史が証明するとおり、
人間は同じ過ちを繰り返します。

外国人の皆さんへ(新型コロナウイルス感染症に関する情報)
会社に雇われている外国人の皆さんへ

※厚労省のHPより引用です。

新型コロナウイルスにより会社の経営が悪くなっているときでも、
外国人であることを理由として、
外国人の労働者を、日本人より不利に扱うことは許されません。

1.会社の都合で労働者を休ませた場合に会社が支払う休業手当は、
日本人の労働者と同じように、外国人の労働者にも支払わなければなりません。
2.子どもの学校が休校になったために会社を休むときは、日本人の労働者と同じように、年次有給休暇を使うことができます。
3.労働者の雇用を守るために国が会社に支払う助成金は、日本人の労働者と同じように、外国人の労働者のためにも使えます。
4.解雇は、会社が自由に行えるものではありません。会社が外国人の労働者を解雇しようとするときは、日本人の労働者と同じルールを守らなければなりません。

困ったときは、お近くの労働局、労働基準監督署、ハローワークに相談してください。
https://www.mhlw.go.jp/…/koyou/jigyounushi/page11_00001.html

休業補償では、ナイトクラブや風俗業の方々が対象外とされていますが、
法の下の平等も考えていただきたいと思います。
https://mainichi.jp/articles/20200403/k00/00m/040/007000c
スポンサーサイト



台風19号上陸につきまして

令和元年10月12日、大型で強い台風19号、
午後7時前、伊豆半島に上陸したとのニュースが入りました。

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/special/01/1919/

10月12日時点で、外国人の方に
即座に明確でわかりやすい情報がすぐに見受けられなかったため、
ニュース情報サイトからの引用です。

台風はこのあと速度を速めながら
関東から東北地方を北東に進む見通しです
現在も、静岡・神奈川・東京・埼玉・群馬・山梨・長野に
「大雨特別警報」が発表されています。

該当する地域にお住まいの方、滞在されている方、
また、今回の台風による影響を受けられている
すべての皆様および大切な方々の、
安心、安全を心よりお祈り致しております。

☆国土交通省 防災ポータル
http://www.mlit.go.jp/river/bousai/olympic/index.html

☆東京都 外国人向け防災情報
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/chiiki_tabunka/tabunka/tabunkasuishin/0000000144.html

☆自治体国際化協会 災害時多言語情報
http://dis.clair.or.jp/

昭和・平成・令和へ続く「アフリカへ毛布をおくる運動」

本年も、新年度を迎えられましたことに
心より、感謝申し上げます。

昭和・平成・令和へと続く
「アフリカへ毛布をおくる運動」のお知らせです。
1984年12月、政府(外務省)の肝いりでスタートし
国連(ユニセフ)、そして民間のボランティアにより
継続されてきたキャンペーン。
現在は、例年4月~5月に行われており、
これまでに417万枚超の毛布を現地へ届け続けています。

5年ほど前にご縁をいただき、
弊社は今年もポスターをはじめとする
販促ツールのコピーライティングを担当させていただきました。
mofu_poster2019.jpg

前年度の2018年。
LE283_afurica_omo_A2_B案_04ol (002)s

2017年。
mofu_poster2017s2.jpg

2016年。
mofu_poster2016s.jpg

2015年。
mofu_poster2015s.jpg

5年連続いただいているお仕事、
有難い気持ちでいっぱいです。

ご興味ご関心のある方は、
JBACのHPを覗いていただけますと幸いです。
毛布のご提供については、こちら
季節の変わり目、大型連休前後に断捨離を敢行される方もおられると思います。

以下、引用掲載致します。

【キャンペーン期間】
2019年4月1日(月)~5月31日(金)

【参加方法】
参加には2通りの方法があります。

1.毛布+海外輸送協力金
毛布を下記の宛先までご発送ください。
また、あなたの毛布が日本を出発して現地の人びとの手に届けられるまでに、
一枚あたり1,000円のコストがかかります。
あなたの毛布を現地へ届けるために、海外輸送協力金にもぜひご協力ください。

2.海外輸送協力金のみ
毛布を現地へ届けるために、海外輸送協力金のみも受け付けております。

【毛布送付先】
〒275-0024
千葉県習志野市茜浜2-7-3
「日本通運(株) NEX-新習志野アフリカ毛布担当宛て」
(担当:古川、松井)
Tel: 03-6251-5291
※日本通運倉庫までの送料は、各自ご負担ください。土・日・祝日はお休みです。
※毛布の受付期間は4月1日~5月31日です。

以上、お知らせでした。

2019年度、そして令和元年も、
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

皆さまの安心安全を心よりお祈り致しております

今年の夏は猛暑に加え、台風や地震など
大きな災害が相次いでおり、
本当に何と申し上げてよいかわかりません…。

特に、本日未明に北海道で発生した地震につきまして、
お亡くなりになられた方々に、心よりお悔やみ申し上げます。
また、被災された皆さま、ご家族や大切な方がいらっしゃる方々、
影響を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

悪天候や停電、余震等、不安な状態で
過ごしていらっしゃる方々も多数おられるかと存じます。

皆さまおよび大切な方々の、
安心、安全を、心からお祈りいたしております。

平成30年7月豪雨

平成30年7月豪雨という、西日本を中心とした記録的な大雨に際し、
お亡くになられた方々に、心よりお悔やみ申し上げます。
被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

被害の全容は未だ分からないとのことですが、
ニュース映像やSNSに流れている映像をみるにつけて、
胸が痛みます。

皆様および大切な方々の、
安心、安全を、心よりお祈り致しております。