瀋陽所感(2012年6月)その三「近者説 遠者来」

  • Day:2012.06.26 21:39
  • Cat:Travel
瀋陽所感(2012年6月)その三

さて、今回は瀋陽最大級の繁華街「中街」にある
大型ショッピングモールをピックアップ

2012June_ss017.jpg

中街は、端から端まで約1500メートル。
大型商業施設を中心に、露店やスーパーまで
さまざまなお店が軒を連ねています。

その一角にある広場に…。

2012June_020.jpg

巨大なトランスフォーマー
高さ約11メートル、重さ約21トン、廃車(中古車)20台を再利用して
昨年2月にお目見えした模型。

広場の名前にもなっている
巨大なショッピングモール「大悦城」

“大悦城”の語源は、孔子の『論語』の一節「近者説 遠者来」
「近き者説(悦)び遠き者来る」に由来。
「近い者が喜び懐き、その噂を聞いて、遠くの者が自ずとやって来る」という意から転じ、
「喜びを作り出し、周囲の人々を楽しませ、それを聞いた人がはるばるやって来るように」
という思いが込められているのだとか。

2012June_ss019.jpg

開発を手掛けるのは、国営企業・中糧集団
約6ヵ月のテナント募集後に開業し、1年目にして
10億元の売り上げを出した北京の“西単大悦城”の大成功に続き、
2009年に瀋陽に大悦城をオープン。

2012June_ss014.jpg

2010年の5月からはユニクロ(UNIQLO)も出店。

2012June_ss022.jpg

ビルの中は吹き抜けになっていて開放感に溢れています。
(1階のミッキー風の置物と「自由」という文字にふと目を奪われつつ…)

2012June_ss021.jpg

ユニクロのお店の前には、ネイルショップ
結構流行っていました。。

2012June_ss025.jpg

シネマ・コンプレックス
こちらも割と人が入っていました。

2012June_ss026.jpg

同じフロアに、フードコートも
首を傾げたくなるような日本語と英語の組み合わせが
あちらこちらに見られましたが、御愛嬌というものでしょうか。。


中粮集団は、北京(西単、朝陽区)、上海、瀋陽、天津の5店舗に加え、
今年6月に成都店を起工し、2014年10月開業予定。
大悦城を今後3~5年で、中国全土に30店舗まで拡大する計画を進めているとのこと。

折しも、成都イトーヨーカ堂をはじめとする成都の勢いを知人に伺っていたところ。

「近者説 遠者来」という言葉が蘇りました。
(成都にも行きたくなってしまいますね

外資系スーパーについては、また次回


<参考URL>
大悦城HP
中糧集団有限公司HP
在瀋陽日本地方自治体交流プラットフォームHP
成都イトーヨーカ堂
・第一財経日報(2012年6月11日)「中糧集団大悦城を30店に拡大」
・人民網日本語版(2011年2月9日>「瀋陽 巨大なトランスフォーマー」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。