インサイド・アウト☆Asakusa

  • Day:2013.03.27 06:13
  • Cat:Travel
いつの間にやら春のお彼岸も過ぎ、
いつになくサクラサク年度末。

先日、参詣者数が年間3000万人に及ぶ日本有数の観光名所・浅草寺へ
思ったことを備忘録

130326_001.jpg


偶々、知人よりお声掛けいただき、
「そういえば、お彼岸のタイミングだし…」
と行ってみたのが、浅草寺のご本尊・聖観世音菩薩様がご示現された日

130326_005.jpg

「浅草寺縁起」によると、628年3月18日の早朝、
隅田川で漁をしていた檜前浜成、竹成兄弟の網に観音像がかかり、
引きあげられたとのこと。(浅草寺HP参照)

それを祝う「本尊示現会」という法要が行われていました。

130326_003.jpg

「金龍の舞」が繰り広げられたり、

130326_002.jpg

「一夜にして千株の松林ができた」という縁起譚から創作された松林に見立てた松児童たちや

130326_004.jpg

浅草の芸妓さんたちが乗る山車が出て、大変盛り上がっていました。

その浅草寺について、外国人スタッフと話した際、
ふと出たのが、おみくじの話題。
浅草寺のおみくじには、英語表記も

思わずフォーチュンクッキーを彷彿。

ちょっと調べてみたところ、江戸時代から
作られている占い紙入りの煎餅・辻占煎餅に由来するのだとか。
菓子資料室・虎屋文庫参照)

アメリカで日本庭園を設計・運営した日本人庭師が現地に普及させ、
それがチャイニーズレストランに広がったという説も。

当たるも八卦、当たらぬも八卦。
困ったときの神頼みは万国共通。

外国人観光客が年間2000万人以上訪れるという浅草。

内からの目、外からの目、両方の視点を持ち、
まずは、インサイド・アウト

観音様から、そんな気付きを得た年度末です。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。