『東遊』の波、再来?

先日は、ベトナム研究会に参加

日越外交関係40周年となる今年、
日越友好年ということで、さまざまな仕掛けがなされています。

その一環で、両国のテレビ局による日越合作テレビドラマの制作が進行中とのこと。

物語の中には、100年以上前、フランスの圧政下にあった祖国独立を願い、
協力を求めて来日した
ベトナム独立運動のリーダー・潘佩珠(ファン・ボイ・チャウ)と、
その窮地を救った日本人医師・浅羽佐喜太郎との絆が描かれているそうです。

浅羽佐喜太郎とは、どんな人

と思い、ネットで検索

静岡県袋井市(旧浅羽村)出身の医師。
東京帝国医科大学卒業後、健康を損ねてしまい
ドイツ留学を諦め、神奈川県小田原市(旧国府津村)で医院を開業。
ベトナム人留学生を自身の医院に住まわせたり、
ファン・ボイ・チャウに多額の資金を援助した『義侠の人』。

地元袋井市の常林寺には、ベトナム人と地元村人の協力で
建てられた報恩の碑があるのだとか。

ベトナムの植民地解放闘争の最中、生じた『東遊運動』
「維新から短期間で近代化を成し遂げ、大国ロシアを破った日本に学べ」
ファン・ボイ・チャウの呼びかけで、
200名以上の青年たちがフランス支配からの脱却を図り、
東方(日本)へ留学。

そんな折、日仏協約が締結。
フランス政府からの要請を受けた
日本政府はベトナム人留学生に圧力を加えます。
困窮したファン・ボイ・チャウに
助け船を出したのが、浅羽佐喜太郎だったそうです。

それから、100年以上経った今、
近年ベトナムからの留学生が急増
独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)の調べによると、
平成24年5月1日現在の留学生数は137,756人。
中国・韓国・台湾に次いで、
ベトナムが多く、前年比8.4%増。

戦後、めざましい経済発展を遂げた日本へ向け
『東遊運動』の波がきているように感じられるほど。

親日ムードも、名もなき『義侠の人』たちの存在あってこそ。
先人の遺してくれたものは、大きいと実感。

kouzu130522.jpg

故郷の小田原(国府津)にも、ベトナムとのご縁があると知り、
この海を見る目も、ほんの少し変わりました。

【参照】
独立行政法人日本学生支援機構HP
「平成24年度外国人留学生在籍状況調査結果」
・浅羽ベトナム会提供資料
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。