平和の響♪

  • Day:2013.09.30 06:36
  • Cat:Music
日曜日はベトナム国立交響楽団(VNSO)
一橋大学兼松講堂公演へ

日本ベトナム外交関係樹立40周年記念し、
音楽監督兼首席指揮者、本名徹次氏のもとに行われている
東北から関西までの日本ツアーのひとつです。


今回の会場は、関東大震災の直後に、
復興の証として建設された兼松講堂

130929_001.jpg

西洋のロマネスク様式を基調としながら、あちこちに
動物(?)のレリーフが用いられ、どこかオリエンタルな雰囲気。
「建築進化論」を唱え、築地本願寺や湯島聖堂等を設計し
建築界で初めて文化勲章を受章した建築家・伊東忠太の代表作
国登録有形文化財でもあります。

130929_002.jpg

コンサートの冒頭に演奏されたのは、日本とベトナムの国歌

第一部は、ベトナム民謡をもとに、弦楽四重奏曲として
編曲された『入寺』からスタート
2010年に奈良・東大寺大仏殿で行われた
「ハノイ建都1000年・平城遷都1300年記念・日越文化交流演奏会」
で初演されたそうですが、抒情的な鐘の音が印象的でした。

その後、芥川龍之介の三男である芥川也寸志が
父の作品をもとに作曲したバレエ音楽『蜘蛛の糸』を演奏


蜘蛛の糸蜘蛛の糸
(2012/09/27)
芥川 竜之介

商品詳細を見る


今回、ベトナム政府から芸術家として勲章を受けている
美人女優レ・カインさんによる麗しい朗読も、
演奏の中に組み込まれていました。
日本では初めての試みなのだそうですが、
音色だけでなく言葉の響きも、深く心にしみ入りました

休憩を挟み、第二部ではベートーベンの
『交響曲第5番 ハ短調 作品67』を演奏

アンコールでは、『会津磐梯山』が演奏され、ちょっとビックリ

ラストに演奏されたのは、ベトナムの民謡『Xe Chỉ Luồn Kim』
日本の演歌を彷彿とさせる音の響きに、懐かしさを覚えました。

今度は是非、ハノイのオペラハウスで演奏を…。

新たな愉しみを見つけた秋の休日でした
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。