年の瀬のご挨拶。

あっという間に、年の瀬。

先日、2013年の訪日外国人客数が
初めて年間1000万人突破したというニュースがありました。

「訪日外国人客数、1000万人を突破 成田でセレモニー」
(2013年12月20日産経ニュースより)

成田空港でのセレモニーで、1000万人目として、
晴れやかに登場したのは、タイからの事業家夫妻。

訪日外国人が増えた背景にあるのは、
円安と今年7月からのビザ緩和。

タイの鉄道など至るところで、
北海道観光の広告を目にしましたが、
東南アジア諸国からの旅行客が増え続けています。

訪日客のニュースの流れと逆行し、
私が入ったのはベトナム・南部の街サイゴン

現地の企業の多くは、12月31日まで通常通りの業務。
(日系企業の一部は、12月27日まで。日本の休日を採用)
通常は、日本と同じ太陽暦(新暦)を採用していますが、
祝祭などは太陰暦(旧暦)を基準とします。

ベトナムの最大の祝日はテト(旧正月)。
今年は1月30日が大晦日で、2月5日までがお正月休み。

「ベトナムの祝日の数は日本よりはるかに少ない」

よくそう言われますが、土日以外の休日は、
ベトナムでは年間わずか9日。
振替休日もなく、土曜日は学校があり
仕事がある人も多くいます。

日本でも、1990年代に週休二日制が採用されるまで
「土曜日は半ドン」だったことをふと思い出しました。

*明治時代より太平洋戦争中にかけ、正午に
午砲(空砲)を撃つ地域があり、半日経った時間に
「ドン」と撃つことから「半ドン」という説もあります。
(『語源由来辞典』参照)


さて、今年は東南アジア(特にベトナム)出張が頻繁でしたが、
多くの素敵な出会いに恵まれた一年でした。

アジアの混沌の中で熱気とともに、
現地に根付く女性たちのパワーにも圧倒されました。

今後、アジアをはじめとする諸外国の女性たちと
日本の女性たちをビジネスで繋ぐことを視野に
新たな活動を展開していきたいと考えています。


来る2013年が皆さまにとって、
晴れやかで幸多き新年をお迎えになりますよう
心よりお祈りし、年の瀬のご挨拶と致します。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。