ワインツーリズムやまなし2014・秋

先日は、ワインツーリズムやまなし2014・秋
昨年初夏のイベントに引き続き、勝沼に行ってきました。

IMG_2674 (2)

ワインツーリズムやまなし2014秋のツアーの
1日目は「勝沼、塩山、牧丘」
2日目は「山梨市、石和・御坂・八代・一宮、甲府」

20141111_0142.jpg

漏れなく、こちらの冊子とワイングラスが支給されます。


20141111_0142 (2)

1日目の勝沼バスルートは、一周約40分、
20分ごとの運行
今回のスペシャルツアー、気合いを入れて
勝沼醸造株式会社へ。

20141111_001.jpg

ワイン造りに懸ける蔵元。
日本の風土と文化を醸すワイナリーは、
庭に松と紅葉が茂る日本家屋。

20141111_003.jpg

奥にあるテイスティングカウンターには、
ワインと国際的なコンクールの賞状の数々
美しい流線を描くリーデルのワイングラス、デキャンタが並ぶ
2階の広間でがっちりプレゼン。
ワイン造りは人と自然との関わりから生まれるもの。
一本のワインに込める想いを語っていただき、
いざブドウ畑へ。

20141111_010.jpg

ブドウの房、約1キロからとれるのは
750mlボトル約1本分だそうです。
現在、つくられている甲州の約12%が
勝沼醸造のブドウとのこと。
「ワイン造りは地域づくり」と
お話されていましたが、確かにうなずけます。

20141111_0134.jpg

たわわに実るこのブドウ、
1000年以上の歴史の産物かと思うと
ちょっと感慨無量…。
「この地でブドウを育て続けることは、
歴史伝承にもつながる」
プレゼンできいた言葉を反芻しつつ
畑を見て回りました。

20141111_005.jpg

テイスティングは、畳敷きの小部屋で。
次から次へと出されるワインをいただき、
和洋折衷の妙味を堪能

20141111_0137.jpg

一角には、こんな印画紙も。
1937年創業、個人醸造からスタートしたワイナリー。
当時のメイン事業は製糸業で、女工さんが多かったとのこと。
皆それぞれが生き残りをかけ、
必死に何かを模索していたのかなと勝手に想像。

20141111_0140.jpg

こちらの掛け軸をみて、思い出した一句。
「白菊や 膝冷えて来る 縁の先」
下の句が微妙に違いますが、
横光利一とも縁深いワイナリーと
お話されていたので、ご本人の直筆なのかも…。

20141111_0138.jpg

さまざまな味わいの甲州をいただきつつ、
日本ならではのワインの楽しみ方、
日本におけるワイン文化について、
改めて考えさせられた
晩秋のワインツーリズム
また、次回も是非訪れたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。