FC2ブログ

まほろば祈願。

この度の東日本大震災。
友人、知人、クライアントまで、多くの関係各所に
直接被害だけでなく、二次、三次的な被害をもたらしています。。。

「ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、
正当にこわがることはなかなかむつかしい」

という警句を遺したのは、日本の物理学者で夏目漱石とも親交のあった寺田寅彦。

『日本人を日本人らしくしたのは、神代から今日まで根気よく続けてきた災害教育』
と寺田寅彦が述べたことばは、新年度はじめの首相会見でも使われていました。

この期に及んで、ふと思い出したのは、
『古事記』の一節。倭建命が遺した歌。

「倭は 国のまほろば たたなづく 青垣 山隠れる 倭しうるはし」

日出づる国、日本は、古来より大陸からの文物を
うまく取り入れ、模倣し、独自の文化を発展してきたのだと思います。

天災による復興、復旧に時間がかかるとは思いますが、
国という枠を超え、日本を愛する多くの人たちの知恵と才覚で、
皆が再び力を取り戻すことを心より祈願しています。




スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)