FC2ブログ

「一日の糧、一生の糧」 後編。

さて、15日に開催されたファンドレイジング・チャリティ報告、後編です。
「カレーで元気になろう!~美味しく食べてチャリティ~」というものでしたが、カレーだけではありません。

「麺屋武蔵」のコラボラーメン、「すきやばし次郎」のにぎり、「サルヴァトーレ・クオモ」のパスタ等、イベントに向けた特別メニューも用意。パスタは100食だったこともあり、あっという間に完売。

2011May15014.jpg

「すきやばし次郎」さん、帝国ホテルで出張にぎり。
すごい光景。

2011May15015.jpg

干瓢巻き、そしてこはだ
300食ちかく用意していましたが、こちらも大人気。

2011May15016.jpg

さらに、チャリティオークションも開催。
なんと、小野二郎さんの包丁
イチロー選手のサインボールは、また来月出品されるそう。

また、今回のイベントで知ったのですが、震災支援復興プロジェクトの一環として、「みんなで美味しく!おむすび隊」が出来たとのこと。被災地では冷たく、手作りではないおむすびばかり食べさせられて、おむすびが嫌いになる子どもが出てきているのだとか。家庭で出来る美味しいごはんの炊き方、よそい方、むすび方を伝授する活動を行うそうです。

チャリティの前日。とある人から「魚を与えるのか、釣り方を教えるのか」というお話をチラッとされました。
おおもとは、「授人以魚 不如授人以漁」、老子の格言。
「魚(うお)を授ければ一日の糧 竿を授ければ一生の糧」
もらった魚は食べてしまえばそれでおしまい。魚の釣り方がわかれば、自分で魚をとることが出来る。

一方で、今回とは別件で、自ら率先してボランティアをやっている人が、参加すること自体楽しいと前置きした上で、こんなことを述べていました。
「手助けを必要としている人の存在に気がついていて、自分にできることがあるのを知りながら、通り過ぎるのはなんだか心地よくないとも思っています。」

一日の糧も、一生の糧も両方大事。

周りを見ながら、
自分にできることをやっていきたいと思います。


スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)