FC2ブログ

ビュッフェとダイアローグ。

  • Day:2011.05.19 22:55
  • Cat:Art
ビュッフェといっても、食べ放題ではありません。。。

さて、少し前の話ですが。
薫風に誘われつつ、
銀座を歩いているうちにビュッフェ展を発見。
早速、ギャラリー白石に潜入☆

2011May19.jpg

パリで見たベルナール・ビュッフェの黒と直線を
久々に観たいと思い、おそるおそる入ってみました。
実は、1967年に東京で創立された老舗ギャラリー。

無料ということもあり、正直、
あまり期待せずに入ったのですが、
本画とリトグラフの完成度の高さにビックリ。

「ピンク色のあじさい」や「ユリ」、「ラ・ボーム」、
「ピサの斜塔」、「凱旋門」等がありました。

お立ちあいいただいた画廊の方から、ビュッフェについて、
そして、静岡にあるビュフェ美術館のお話を伺いました。

ビュッフェは以下のような言葉を遺しているそうです。

「素直な愛情をもって、絵と対話してほしい。絵画はそれについて話すものではなく、ただ感じ取るものである。ひとつの絵画を判断するには、百分の一秒あれば足りるのです」。

さらに、画廊の方はこんなことを話されました。

「まずは、絵の前に立ってみてください。
そして、自分の気に入る絵を探してみて下さい。
自分の中に、好きな絵を持つことで、世界はひろがります。
どういう画家の、どの絵を持ちたいか、
想像するのは自由です。
頭の中に、自分なりのギャラリーを描いてみてください」。

新たな発想と着眼点に出会い、小さな幸福を感じた初夏の午後でした。


【ギャラリー白石】www.gallery-shiraishi.co.jp
Buffet Exhibition/ビュッフェ展
2011年5/14(土)→7/23(土)
AM11:00~PM7:00(火曜日休館)入館無料




スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)