FC2ブログ

ちょっとだけ『教育論』 <後編>

引き続き、『教育』について考え中。
きっかけは、フリースクールの学園長の話を聞いたこと。

上田学園では、実業界で活躍されている講師を
一本釣りされているというお話でしたが、
そういう学校は増えてきているようです。
学校法人武蔵野学院さんもそうですね。

さて。
以前、取材を通じて女性経営者から伺った、
今も忘れがたい言葉があります。

「人を育てるなんて、出来ない」。

社員教育について、伺ったところ
「人は育てられない」との返答。極論です。

さらに話をきいてみると。

「『人を育てられる』と思うこと自体、そもそもおこがましいのではないか。何も持っていない人を教育することなんて、できない。社内で頑張ってくれている人たちは、私が教えたからではなくて、もともとそれなりの資質や才能があって、自ら気づいて率先して仕事をしてくれている。本当に有難く思っているし、感謝している。彼らが力を発揮できる場や役割をつくることが私の仕事であり、人を育てることではない。彼らに支えられながらも、ずっと一緒に走ってもらえるよう、自分も会社も成長し続けていかなければならない。」という論調でした。

思わず唸ってしまいましたが、今、改めて、核心をついているような気がします。

居場所や役割(仕事)を見出すことで、個人としての『責任』を感じ、『学び』や『気づき』を得て、自発的に『育つ』ものなのかもしれません。




スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)