FC2ブログ

桃。

例年有り難いご連絡があるのですが。
今年も例にもれず、桃が実ったとのこと。

momo2011Jun27.jpg

健康的でもありますが、どうも“桃”には
インビなイメージが漂う気がしてなりません。

三四郎 (角川文庫)三四郎 (角川文庫)
(1951/10)
夏目 漱石

商品詳細を見る


「三四郎」をはじめ、小説によく出てくる
"水蜜桃”という表現にも、想像力がかきたてられます。


2011Jun27momo2.jpg

「ただひとつ惜しみて置きし白桃の
ゆたけきを吾は食ひをはりけり」

なんて、短歌を口にしながら、
大ぶりの桃をいただきました

スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)