FC2ブログ

初めてのビール作り@キリン横浜工場

昨日からいたるところでオクトーバーフェスト開催
泡好きな私ですが、ビールも例外ではありません。

キリンビールグループの方より特別手配いただき、
横浜工場(キリン横浜ビアビレッジ)へ行ってきました

20111001_001.jpg

1926年竣工の横浜工場。
生麦事件のあった生麦にあり、ちょっと微妙な気分…。

さて、はじめのオリエンテーションでは、ビール作りについて詳細説明
「黒タイプ」、「赤タイプ」、「横浜ビアザケ」、
「ピルスナータイプ」、「ボックタイプ」、
5種類のビールについて特徴を教えていただきました。

今回は参加者15人がそれぞれチームに分かれ、
「ボックタイプ」、「赤タイプ」、「横浜ビアザケ」を作りました。

20111001_002.jpg

うちのチームは、「横浜ビアザケ」
「横浜ビアザケ」は、1870年に横浜・山手に開設された醸造所
“スプリング・バレー”創業者のウィリアム・コープランドが
明治時代に作ったビールを再現したもの。(らしいです)

20111001_003.jpg

まずは、仕込み。麦汁作りをします。

20111001_005.jpg

途中で、講師の小林さんからホップについての講座があります。

20111001_004.jpg

「横浜ビアザケ」は、アルコールを作るための醪(もろみ)と
風味を作るため、6対4で分類。
その後、二つに分けた醪(もろみ)を濾過槽に入れます。

20111001_006.jpg

一番搾り、二番搾りも取った後で、ホップを投入。
麦酒特有の泡と苦みの素でもあります。

20111001_007.jpg

麦汁を煮沸。

20111001_008.jpg

その後、冷却。氷水で冷やします。

20111001_009.jpg

麦汁の糖度等を正確に記録し、調整します。
発酵、熟成、最終濾過という工程は、プロにお任せ

20111001_010.jpg

工場見学の後は、ご褒美ビール
追加で2杯お代わりも

11月には、出来たてのビール試飲会。
(ボックタイプ赤タイプの方たちと一緒に
飲み比べつつ、いただきます

「それまで待てない」とばかりに。

20111001_011.jpg

工場内にあるスプリングバレーで限定ビールをいただきました。
のビールっていいですね。


ひろやまさん、関係者の方々、本当に有難うございました

スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)