FC2ブログ

ホイリゲ☆

先日。

日系航空会社初の女性海外支店長を経験した
オーストリア通のIさんに誘われ、
11月11日解禁のホイリゲを堪能してきました。

「ホイリゲ(heurige)」って何

と、思う人も多いはず。
(私もそうでした…)

「ホイリゲ」というのは、新酒のこと。

『オーストリアでは、フランスより一足早く11月11日に新酒が解禁されます。
その新酒をホイリゲと言います。』と、I さん。

オーストリア政府観光局のページにも『ホイリゲ』情報が記載。

「今年の」を意味する「ホイリゲ」は、1年未満のワインの新酒のこと。
ホイリゲを提供するワイン居酒屋も同じように呼ばれているのだそう。

I さん行きつけの『provinage』 でホイリゲ・パーティ開催

2011Nov11_001.jpg

お料理はビュッフェスタイル。
とはいえ、サーモンの分厚さ、エビのプリプリ感、
お肉の質から、お店の気合いが十分感じられました

2011Nov11_002.jpg

スタート時はこういう状態でしたが、
終盤に近付くと、人数も増し、すごい熱気に。

2011Nov11_003.jpg

ツァーヘル・ホイリゲ。

2011Nov11_004.jpg

ニコライホーフ。

2011Nov11_005.jpg

11月11日は守護聖人、マルティンの日(St.Martinstag)
この日からその年の新酒が解禁に。

オーストリアでは、聖マルティンに感謝して
ガンスル(ガチョウ)を食べる習わしもあるのだとか。

2011Nov11_006.jpg

丸焼きで豪快に食べて、その年の新酒のお祝いをするのが
オーストリアの風物詩。

2011Nov11_007.jpg

スタッフの方は、可愛らしい民族衣装でサービス

「マルティン」が誰なのか、少し気になり、ググってみると、
「マルティヌス」で、情報が結構出ていました。
“ローマ帝国領パンノニア州(現ハンガリー)サバリアに生まれ、
殉教をせずに列聖されたヨーロッパ初の聖人”なのだとか。

物乞いに自分のマントを与える様子を描いた、
エル・グレコの絵を見た記憶が鮮やかに蘇りました。

日本で割と認知されているボジョレー・ヌーボー。
その解禁前より一足先に素敵な方々と一緒にいただいた解禁ワイン
珠玉の味でした。


参照:オーストリア政府観光局HP『ホイリゲ
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)