FC2ブログ

Pay it Forward☆

私が主宰しているumiプロジェクトのイベント
おかげさまで、通算45回を数えています。

続けていると、思いもよらない方面から、
素敵なギフトをいただくことがあります。

先日、春のクルーズでお世話になった
スタッフ、出演者、協賛の方々へ慰労&感謝の会を開催

その折に、「万葉の湯」で知られる万葉倶楽部の顧問の方より、
施設利用優待券を頂戴しました。

その場の参加者全員にいただき、
私にはさらに余分にいただきました。

送り先を考えあぐねた末、
GWにも仕事をしていただいた弊社の翻訳スタッフ達へ送ることに


そして。

とあるスタッフより、メッセージ

『先程、送っていただきましたチケットをいただきました。
開けてみてびっくりしました。
どうもありがとうございます。

横浜へは美術館が好きな娘のために
家族でよく出かけています。
お蔭様で家族の楽しみが一つ増えました。
いつもお気遣いどうもありがとうございます。

主人も子供も喜んでます。

翻訳の品質向上の為に
これからも努力していきたいと思います。』


ご家族も喜んでいただいたようで、
ほっこりした気分に



さらに、また別のスタッフからも。

『送ってくださった温泉招待券をいただきました。
時間を作って温泉旅行をしたいです!

わざわざ、ありがとうございます!』

という嬉しいメール


チケットを頂いた目の前の方にも、もちろん感謝していますが、
それと同じくらい、ご縁を運んでいただいた方に対しても
有難く思っています


彼ら、スタッフの方たちがより良い仕事をしてくれることで、
私はもちろん、クライアント、その先にいる人たちも
気持ちよくなります。


通常の仕事をこなしつつ、
企画・構成・制作・進行までやるのは容易ではなく、
いつも手探りで、迷いながらも試行錯誤。


仕事もイベントも両立して続けて来ることが出来たのは、
支え、励まして下さる皆さまのおかげ。
ご支援、ご協力があってこその賜物


一歩踏み出し、善意の石を投じれば、それは波紋になって、
ひろがっていくものだと改めて感じました。感謝



スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)