FC2ブログ

「仕事納め」の日。

いよいよ「仕事納め」の日
(あまりおさまる気配がありません

弊社では翻訳サービスを手掛けておりますので、
何気に観光統計情報などにも注目

さて、日本政府が今年目標としていた
訪日外国人旅行者数は、900万人。

1月から11月の訪日外国人旅行者数の累計は、
767万8900人(11年比では36.0%増)。

トータルで「800万人の何十万単位」との見通しが示されました。

今月21日に発表された11月の訪日外国人旅行者数(推計)は
前年同月比17.6%増の64万8600人。
11月としては、11年比17.6%増、震災前の10年比でも2.2%増で、
過去2番目の水準に

訪日中国人数は、43.6%減の5万2000人で、2カ月連続の2ケタ減。

確かに、銀座のユニクロや新宿の家電量販店で、
中国人観光客を目にする機会も少なくなった気がします。

そんな訪日中国人の絶不調に反比例して、
東南アジアやインドからの訪日旅行者は好調

格安航空会社(LCC)の相次ぐ参入を背景に、
台湾(43.0%増)や香港(7.4%増)、マレーシア(96.8%増)、ベトナム(23.4%増)、
タイ(15.2%増)、インド(12.4%増)が11月として過去最高を更新したとのこと。

そういえば、東南アジア系の観光客(のような人たち)が、
銀座三越、伊勢丹、六本木ヒルズで買い物している姿をたびたび見かけました。


観光庁長官(井手憲文氏)は、12月21日に開催した定例会見で、
「今年は2010年レベルまで戻った。来年は韓国とASEANに力を入れ、
さらに(訪日外客数を)伸ばしていきたい」と話し、
2013年の重点施策の1つとしてインバウンドを掲げたとのこと。


日本の都心部においては、英語・中国語・ハングルの表記を見かけますが、
市街地を離れると、英語の表記すら見なくなってしまいます。


大事なのは、歓待のココロ
それを伝えるためのツールがコトバ。

きちんとしたツールがあるからこそ、
相手を思うココロを伝えられます。


弊社では、「外向き、上向き、前向き」に、
日本古来のおもてなしの精神を持ちつつ
よりグローバルにビジネス展開していきたいと考えています



【参照】日本政府観光局(JNTO)HP
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)