FC2ブログ

Spring has come!

"God's in His heaven --
All's right with the world !"   

春を迎える度に思い出す
ブラウニングの詩"Pippa's Song"の一節

この季節、おぼろげに読書することが多く、
独立したばかりの頃、こんな本を読んだのを思い出しました。


「原因」と「結果」の法則「原因」と「結果」の法則
(2003/04)
ジェームズ アレン

商品詳細を見る


自己啓発書の元祖ともいわれる一冊

「私たちは心であり、思いという道具をもちいて自分の人生を形づくり、
そのなかで、さまざまな喜びを、また悲しみを、みずから生み出しています。」
という一文に心打たれました。

「心の中で考えたとおりの人間になる」
「自分こそが自分の人生の創り手」

そんな文章に励まされ、自分のやりたいこと、
夢や願いを紙の上に書き出したのを覚えています


7つの習慣―成功には原則があった!7つの習慣―成功には原則があった!
(1996/12)
スティーブン・R. コヴィー

商品詳細を見る


ニューソート系は、ジョセフ・マーフィー、中村天風、谷口雅春、
さらには、ナポレオン・ヒル、デール・カーネギー、斎藤一人等の
著作物を読みふけったのも、過ぎ去りし春の日

今、読んでいるのは、この本。


生き方―人間として一番大切なこと生き方―人間として一番大切なこと
(2004/07)
稲盛 和夫

商品詳細を見る


哲学者の域にも達した経営者による著書の中には、
「心に描いたものが実現する」、
「求めたものだけが手に入る」という言葉が。

そこで、5年前の日記を開いてみたところ…、
心の奥底から求めたもの、強く願ったことは
今、確かに現実化しています。
(もちろん未だ叶っていないものもありますが、
あと5年先には実現しているかも…

私は、特定の宗教を信仰しているわけではないのですが、
神様というか、"Something Great"の存在は常に感じています。


"Ask, and it shall be given you."

心に思うこと、口に出す言葉には
いつも気を配ろうと改めて思う春の日です


スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)