年間1000万人!観光立国に向けて。

  • Day:2013.08.22 06:36
  • Cat:Report
先月、日本を訪れた外国人旅行者の数は100万3100人
今年4月の記録を8万人も上回り、過去最高
日本政府観光局が、本日発表した7月の訪日外国人旅行者数(推計値)は、
前年同月比18.4%増の100万3100人

今年の政府目標は、年間1000万人
上半期の訪日客は前年比23%増の495万人に達し、1~7月の累計は、595万人超。

訪日客拡大の背景にあるのは、円安。
外国人にとって渡日が割安となったこと、
格安航空会社(LCC)などによる航空路線拡充の影響もあります。

7月1日からの査証(ビザ)の免除措置が、大きな要因。
短期訪日ビザが免除されたのはタイとマレーシア。
タイでは前年同月比84.7%増、マレーシアでは25.2%増に

ちなみに、中国は-31.5%、韓国は28.6%、台湾は48.7%、
香港は65.7%、ベトナムは59.4%でした。(いずれも前年同月比)

今月20日からは、国土交通省×東京都主導で案内標識のローマ字表記を、
英語表記に切り替える試みがスタートしているとのこと。

さて、先日も参拝した浅草寺
多くの外国人が来ていました。

20130820_000.jpg

年間観光客数、約4400万人を誇る台東区では、
いたるところでカメラを手にした外国人と出会います。
平成24年度の年間外国人観光客数(内数)は、約425.5万人。
浅草寺のおみくじには、英語表記をするという心配りも…。

20130820_003.jpg

観光ボランティアガイドによる、ガイドツアーもよく目にします。
聞くところによると、台東区観光ボランティアガイド
東京SGGクラブ等、あるとのこと。

観光立国の実現と、2020年東京オリンピック開催をにらみ、
外国人にわかりやすい案内表示を進める日本
標識は、どこまでが、固有名詞か分からない。
また、自治体や組織によって同じ場所でも表記が異なるため、
統一性がなく、分かりにくいという声もあります。

誰も彼も、プロもアマも『共存共栄』を願う気持ちは一緒です。

【参照URL】
訪日外客数(2013年7月推計値)
日本政府観光局(JNTO)
日・ASEAN友好協力40周年
外務省HP
「外国人にもわかりやすい案内標識へ」
国会周辺標識検討協議会
(構成員:国土交通省東京国道事務所、東京都建設局道路管理部、
東京都産業労働局観光部、千代田区区民生活部、東京地下鉄株式会社)
台東区ボランティアガイド
東京SGGクラブ
平成24年度台東区観光統計・マーケティング調査
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)