弥生、卯月、それから…

  • Day:2014.03.28 22:22
  • Cat:Travel
私にとっては、年明け初のサイゴン(ホーチミンシティ)

翻訳案件の依頼は、相変わらず、
英語・中国語・韓国語が多いのですが、
何だか東南アジア(しかもベトナム)に
引き寄せられてしまいます。

20140328_001.jpg

『大学は出たけれど』

小津安二郎 DVD-BOX 第四集小津安二郎 DVD-BOX 第四集
(2003/12/25)
結城一朗、高田稔 他

商品詳細を見る

そんな映画がありましたが、
ベトナムの失業率は酷いですし、
大卒でも職を選べる自由がある人は数限られています。

今回の旅では、サイゴン(ホーチミンシティ)中央部を離れ
省庁舎の移転も成し遂げたビンズン省に行ってきました。

20140328_003001.jpg

ビンズン新都市約1,000ヘクタールのうち、対象街区面積約110ヘクタール
(敷地面積約71ヘクタール、およそ東京ドーム15個分)、
「TOKYU BINH DUONG GARDEN CITY(東急ビンズン田園都市)」開発予定。

20140328_004.jpg

今回、私たちもバスでビンズン省まで行きましたが、
こんなバスがホーチミン都心部から就航予定とのこと。

20140328_005.jpg

現地の住宅施設を見学してみると、
住んでみたくなるのが性。


20140328_009.jpg

ふと、
「教育施設については、どうなっているのだろう」
と(何となく真面目な問いを考えさせられました。)

「現地でも、日本語をしっかり身につけられるのは、
日本人学校なのかしら?」

そう思い向かったホーチミン日本人学校。

20140328_013.jpg

小学校・中学校合わせて351人。
(平成25年5月6日現在)

送迎は16路線16台で行っているとのことですが、
スクールバスの利用料は130US$/月
入学金は、750US$/月 (商工会員は500US$)で
授業料は400UD$(PTA会費は、VND50,000/月を現金で徴収)
とのことで、教材関係のことも含めると、
(保護者側が)かなり大変なのだろうな~と
拝察する部分は余り有りました。

日本人や他の外国人と結婚していて、
インターナショナルスクールに
入学させたい親も国内外で増えています。

20140328_016.jpg

今回、短期留学で訪越した日本のバレエ教室もあり。
そこから派生する日本語学校でもあります。

20140328_018.jpg

若いエネルギーを着実に得られつつ、
成長(?)した年度末の週末。

IMG_0634.jpg

昼と夜の表情に圧倒されつつも、
見入られながら新しき年度を迎えます



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)