爛漫のアートビレッジへ♪

  • Day:2014.05.04 05:33
  • Cat:Travel
あっという間に、皐月です。
GW後半は、あしかがフラワーパーク

「一生に一度は行かないと損をする」
日ごろお世話になっている方からそう言われ、去年初めて訪問。
「一度見れば病み付きになり、毎年見に行きたくなる園」
標榜とする園長の言葉通り、今年も行ってきました

20140503_000.jpg

「一年で一番美しい日」と指定された日
折良く好天に恵まれ、最高の藤を拝んできました。

20140503_011.jpg

樹齢150年に及び、畳1,200畳分の大藤棚をはじめ
八重藤、大長藤など、350本以上の藤が鮮やかに

20140503_013.jpg

白藤の滝もお見事

20140503_023.jpg

きばな藤も青天に映えていました。

20140503_006.jpg

園内には、藤だけでなく、シャクナゲ、
牡丹、オオデマリ、クレマチス、
ハナミズキなどもあり、百花繚乱

20140503_009.jpg

ツツジの名所としても知られており、
二枚花など、珍しいツツジも目にしました。

20140503_016.jpg

不可能とされていた大藤の移転という大事業を成し遂げ、
20年にわたりフラワーパークを管理・運営してきた
日本初の女性樹木医・塚本こなみ園長
「立って、座って、振り返ってと、
いろいろな方向や角度から観ていただきたい」
園の設計にも、率先して携わったそうです。

20140503_018.jpg

今年18回目の藤の花の季節を迎え、
「本日、18年間の中でも最も美しい花を誇っています」
そうお話されていました。

20140503_022.jpg

昨年に引き続き、今回もご案内いただきましたが、
こなみ園長の周りには、いつの間にか
人が吸い寄せられるように集まります。

20140503_020.jpg

昨年初めて訪れた際には、あまりの花の見事さに、
ただひたすら驚嘆するばかりでしたが、
周りを見渡す余裕が出来た今回、
車椅子を利用されている方が多いのに気づきました。

20140503_024.jpg

車椅子は無料貸し出し、通路が幅広く
比較的平らに整備されているのを見て、
「さもありなん」と納得。

20140503_019.jpg

休憩所やベンチも程よくあり、誰もが
ゆっくり落ち着いて、さまざまな角度から
花を愛でられるよう計算されています。

20140503_014.jpg

藤染めのハンカチや藤コスメなど、藤グッズは
豊富にありますが、特に人気なのが藤ソフト

20140503_003.jpg

この日、世界的に活躍しているオカリナ奏者
佐藤一美さんのオカリナコンサートも行われていました

20140503_004.jpg

こちらで15年間、演奏を続けていらっしゃるとのことで、
昭和歌謡を中心に客層を考えた選曲。
青空コンサートも満喫しました。

20140503_025.jpg

夕方になると、園内はライトアップ。
水路に板を渡した水上花壇の藤棚を
幻想的な雰囲気の中、じっくり堪能。

入場者数は年間100万人超え、
名実ともに日本一の民間植物園
「あなたを歓迎します」
藤の花言葉通り、至るところに
細やかな配慮と心遣いが感じられるアートビレッジ

また来年が、今から楽しみです
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)