ワイン奉納祭@乃木神社

最近、めっきり神社づいていますが、
先日は、乃木神社へ行ってきました

20140521_001.jpg

お目当ては、ワイン奉納祭
記念すべき第一回目となるイベント

20140521_002.jpg

限定400名とのことですが、女性を中心に、
多くの人たちが詰めかけていました。

20140521_004.jpg

乃木神社の主祭神は、乃木希典将軍と静子夫人。
明治神宮が鎮座した後の大正12年、乃木邸に創建された神社。
乃木神社の大祭で神饌として用いられるのは、ワイン

20140521_005.jpg

今回もなで肩からいかり肩、フラスコタイプまで
ありとあらゆる白・ロゼ・赤とワインが奉納

20140521_006.jpg

神事が滞りなく終わった後の神社の境内には、
ワインと同様に多国籍な老若男女が集合

20140521_007.jpg

乾杯酒は、やはり泡

20140521_009.jpg

コンクール受賞のサントリージャパンプレミアムが勢揃い

20140521_008.jpg

フランス・イタリアをはじめ、アメリカ(ナパ)・アルゼンチン・チリなどの
ニューワールド系も豊富
30種類以上のワインをテイスティング。

20140521_010.jpg

お料理もしっかり提供されていました。

20140521_011.jpg

津軽三味線の音色とともに彩られた境内。

「芸能は、昔から神社と共にあった」
神職の方は、訥々と明治天皇が乃木大将に
ワインを下賜したお話、ワインと乃木神社にまつわる
お話を語ってくださいました。
殉死に際し、 乃木夫妻は、
明治天皇より賜ったワインで別れの盃を交わされたとのこと。

「神あがり あがりましぬる 大君の
みあとはるかに おろがみまつる
うつ志世を 神去りましし 大君の
みあと志たひて 我はゆくなり」 (乃木希典、辞世の句)

「出でまして かへります日の なしときく
けふの御幸に 逢ふぞかなしき」 (静子、辞世の句)

神社の歴史としては、100年余り。
そこに祀られる人の思いと出来事の重みを
そこはかとなく感じつつ、
杯を飲み干した初夏の夜でした。



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)