第三十三回こんぴら歌舞伎@旧金比羅歌舞伎大芝居(金丸座) 前編

  • Day:2017.05.04 22:22
  • Cat:Travel
GW最中の八十八夜を過ぎまして、もう蛙が鳴き始める頃ですが、
先月四国こんぴら歌舞伎に行って参りました。
かなり遅い情報になりますが、ご報告致します。。
その前日は、関東で大雨

DSC_0028.jpg

十数年ぶりに訪れた小田原城もこんな感じ。
「晴れ女」と自負していただけに、地元の衝撃的な風景に圧倒。。。

IMG_20170410_074204.jpg

翌朝はこの通りのお天気の中、高松へ。

IMG_20170410_104134.jpg

小雨パラつく微妙なお天気でしたが、こんな景色も
IMG_20170410_104055.jpg

今治造船をはじめとする四国の企業はもとより、
しっかり幟がたなびいておりました。
東海道つながりですと、清水次郎長一家もこんぴら参りをしていたそうな…
(無理矢理過ぎますが…)

IMG_20170410_102333.jpg

あまりにも早朝だったので、フライングうどん。
鳴門わかめの存在感。温泉玉子も埋もれそう。

IMG_20170410_103517.jpg

実演ありきの、「こんぴらうどん」で
わかめうどんを美味しくいただきまして。
(おでんについては、ちょっと迷いました…)

IMG_20170410_104514.jpg

いよいよ、こんぴらさんの歌舞伎。
ちなみに、旧金毘羅大芝居は、天保6年(1835)に建てられた、
現存する日本最古の芝居小屋。

IMG_20170410_105049.jpg

流石のこんぴら歌舞伎、提灯の絵柄にも吃驚。
鶴のマークの団扇もいただきましたが、
かなり馴染んでいます。
呼び子さんもなんだか手慣れている感じ。
毎年のことだからでしょうか…。

IMG_20170410_105650.jpg

チケットは、S席(1回東出席、西出孫席、2階前舟)
A席(1階平場、2階中舟、青田組)
B席(2階後舟)と分類。

こんな感じで、座布団と座椅子のような席があるのですが、
私は今回初めてということもあり、東西関係なくでチョイスし、
敢えて横から、拝見致しました。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)