秋分を前に。 その参~銀座余情~

  • Day:2017.09.20 02:33
  • Cat:Report
前回観たお能は、GW真っ盛りのこと。
「能と狂言 人間国宝の競演
~友枝昭世と山本東次郎の至芸~」@川崎でした。
夏が過ぎ、あれよあれよと、いま秋深し。
というわけで、秋分前に、最後のアップです。。

IMG_20170910_134024.jpg

10日程前、GINZA SIX観世能楽堂へ。
GINZA SIXは初めて訪れたので、
地下3階の能楽堂へたどり着くまで
(方向音痴につき)迷ってしまい、ちょっと大変…。

銀座余情 能と狂言
大槻文蔵人間国宝認定祝賀
能『定家』

「忍ぶ恋」が題材で、式子内親王を恋慕する
藤原定家の執心を描いた物語。
定家の式子内親王への情愛が蔦葛となり、
死後も石塔に纏わり続けているというもの。
もちろん、定家は出てきませんし、
実際のところ、ふたりがリアルに(文を交わす以上の)
情愛的な関わりがあったかどうか…。

とはいえ、これだけ後世に語り継がれたのは、ご縁以上に
ふたりが天才的な歌詠みだったからなのだろうなと。

馬場あき子先生による『定家』のお話を拝聴した後、
仕舞 「花筐 狂」。

IMG_20170910_134312.jpg

不思議なご縁で、最前列で鑑賞させていただきました。
〈偽りの なき世なりけり 神無月 誰がまことより 時雨初めけん〉
〈玉の緒よ 絶えなば絶えねながらえば 忍ぶることの 弱りもぞする〉
〈難くとも 恋ふとも逢はん 道やなき 君葛城の 峰の白雲〉

α波に乗りながら、舞台と詞章、歌を見つめた120分。

〈生きてよも 明日まで人もつらからじ この夕暮を 訪はばとへかし〉

ふと、夕暮れをひさびさにじっくり眺め、
いろいろ、さまざまな舞台を思い出していたら
もう、彼岸入りでした。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)