FC2ブログ

五月東京公演文楽観劇☆

  • Day:2018.07.06 22:22
  • Cat:Report
文楽、大好きです。

もともと、父方は関西なので、
そのコトバ、響き、音韻、抑揚に、
憧れのような、郷愁のようなものがありまして。
観劇となると、長丁場になるのですが、
公私の隙を見計らい、ちょくちょくうかがっております。。

舞台としては、大阪の国立文楽劇場が望ましいのですが、
東京を拠点としておりますので、
基本的には、国立劇場小劇場にて観劇。
もう二カ月前のことですが、五月公演の思い出話。
DSC_0915.jpg
(毎度?)満員御礼。
DSC_0913.jpg

吉田幸助改め五代目吉田玉助氏の
襲名披露口上あり。

DSC_0901.jpg
長丁場なので、一部と二部、二度に分けての観劇。
(同日では物理的にも内容的にも難しいです。。)

一部の終演後、NPO法人人形浄瑠璃文楽座による文楽座話会に参加しました。
先ずは、三味線、野澤喜一朗改め、野澤勝平氏がご挨拶されました。
いろいろとお話されたのですが(どこまでお話していいのか分からず)、
一番印象に残ったのはお酒について。
お酒と伝統芸能の会もたびたび開催されるということで、
日本酒にもこだわりがあるようで。
DSC_0916.jpg
造り手さんとコラボしたラベルのお酒も見せていただきました。
DSC_0917.jpg
それから、文楽のファンタジスタなる桐竹勘十郎氏が登場。
DSC_0921.jpg
週刊文春の記事
拝見していましたが、まさにファンタジスタ。
『義経千本桜』でも妙技を魅せていただきました。
DSC_0930.jpg
狐を手にし、破顔一笑。
DSC_0932_01.jpg

どこから出てきたのか分かりませんが、こちらの短歌がタイミングよく。

「きつねなら きつねならぬぞ 心得ぬ きつねにせよや きつねなりせば」
(『今日狂歌集』 木室七左衛門作 ※引用文献と作者未確認)

今年は残念ながら、内子座文楽は難しそう。。
9月の公演を楽しみにしています。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)