FC2ブログ

長月の文楽(東京公演)第一部観劇

  • Day:2018.09.18 20:33
  • Cat:Report
相次ぐ災害、地震、悪天候等で被害、影響を受けられている方に
お見舞い申し上げるとともに、すべての皆様が心穏やかに
安心、安全に過ごされますよう、心より祈念致しております。

さて、皐月に行われた東京公演に引き続き、今月も観劇して参りました。
2018bunraku09.jpg
第一部は、明治150年記念に因み、明治期につくられた名作
『良弁杉由来』と『増補忠臣蔵』。
細かな解説は日本芸術振興会の国立劇場トピックスにあります。
『良弁杉由来』は、ひとことで言うと、
生き別れになった母子の再会ストーリー。
『今昔物語集』などの説話に見られる親子再会物語と
『沙石集』の良弁僧正の出生譚が結びつけたものらしいのですが、
貴種流離譚、ヒーローズジャーニー的な展開よりも、
心を病み、我が子を求めてさすらう母親の方に
スポットが当たっているところに感じるものがありました。
当時の(戦争に突き進んでいたような)
時代背景を考え合わせると、
この作品が当時新作浄瑠璃の佳作として
評価を得たというのも、わかるような気がしました。
2018bunrakuDSC_1612.jpg
『増補忠臣蔵』の内容は、言わずもがなでしょうか。。
今回、人形浄瑠璃文楽座主催による
文楽座学とともに文楽座話会もありました。
そこで、相次ぐ襲名披露公演の先駆けであられた
豊竹呂太夫さんのお話を伺う機会に恵まれました。
襲名前と襲名後のお話、また、義太夫発声ゼミ についても
軽妙にトークいただきました。
『増補忠臣蔵』の登場人物で完全なる悪役の声の出し方についても
素人にも分かりやすく教えていただきました。
「喉に楽器をつくるのに20年かかる」とのこと、大変納得致しました。
2018bunraku_hokkaido.jpg
幕間には、日本芸術文化振興会人形浄瑠璃文楽座共催で、
北海道胆振東部地震災害義援金を募集していました。
文楽技芸員の方が呼びかけされているのをお見かけし、
以前の災害時にも、同じような光景を劇場で観たのを思い出しました。
改めて、いまの自分に出来ることを積み重ねなければならないと
気が引き締まる思いでした。

第二部公演についても一気にアップしようと思っておりましたが、
かなり長くなってしまいましたので、また改めまして。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)