FC2ブログ

2月東京公演第二部『大経師昔暦』と文楽座学

  • Day:2019.03.05 21:22
  • Cat:Report
今年は、積極的にブログ更新していこう☆

なんて、思ったりしていたのですが。
お仕事と勉強ですべて忙殺、ときどき風邪という状態で、
ふと気づくと、ひな祭りが終わっていました…。

DSC_0054.jpg

さて、年始めの文楽は、国立劇場小劇場。
近松門左衛門作『大経師昔暦』
国立劇場HP予告編より)
暦を納める権利を許された特権的な町人の家で起こった
スキャンダルを近松門左衛門が脚色した、
"姦通物"と呼ばれるジャンルの作品。

DSC_0056.jpg
「文楽や歌舞伎は、その時代におけるワイドショーそのものだった」

素人耳に、聞いたこともあります。
それ故に脚色され、美談、伝説とされることもあったのだと。

難しいことは、よくわからないのですが、実際にあった
おさん茂兵衛の姦通事件33回忌に書かれたものとのこと。
『大経師昔暦』です。

まずは、猫登場。
(一部の観客がゴロニャン状態なのですが…。)

おさんという女房が、抱いている飼い猫(雌猫)に
野良猫(雄猫)を追い払いながら、
「男持つならたった一人持つもの、間男すれば磔にかかる、
女子のたしなみ知らぬか」
「粟田口(処刑場)へ行きたいか」
そんな前フリ。

素人には結構わかりづらいのですが、
ちゃんと良い人と悪い人の見極めがつきやすいことが有難く。

おさんの年の離れた良家の旦那(幼なじみ)は
下女の寝室に忍び込むほどの色狂い、
悪党の手代がいる状況で、
たまたま、やむにやまれぬ状況で
茂兵衛と過ちがあったというようなストーリー。

DSC_0067.jpg

観劇後に参加したNPO法人人形浄瑠璃文楽座主催による座話会では、
人間国宝であられる人形遣いの吉田和生さんに、いろいろとお話を伺いました。

DSC_0069_HORIZON.jpg

今回特別に、女房おさんの衣装は、
足もとに鷺の柄をつけているということ、
人形遣いさんは陰惨な現場、濡れ場など、
わちゃわちゃした現場では、人形遣いさんたちは
頭巾をかぶっていらっしゃるとのこと、
また影法師についてなど…。

質問がなくなるまで、本当に最後の最後まで
いかなる質問にも、真摯に対応されて、感動。
さすが人間を超えて、
神の領域にいらっしゃると感心致しました。

ちなみに、井原西鶴の『好色五人女』巻三にも
女房おさんのストーリーがありますが、まったく異なるものです。

近松作品と西鶴作品における、同じ人物の扱い方、
また、猫とフェミニズムについても、改めて考えさせられました。

DSC_0070.jpg

文楽は本当に大好きで、『壇浦兜軍記』についても、
と思ったのですが、あまりに長過ぎるので、またの機会に。
こちらも、本当に感動しました。

目も耳も心も、すべて動かされる
素晴らしい芸能だと改めて思います。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)