秋分を前に。 その弐~稲門文楽鑑賞会~

  • Day:2017.09.20 01:33
  • Cat:Report
今秋、初めての国立劇場 小劇場。
『菅原伝授手習鑑』から4カ月ぶり。
今回は稲門のご縁による文楽鑑賞会『生写朝顔話』へ。

IMG_20170906_103231.jpg

開場前に楽屋口前に集合。
それから、バックステージツアー。
入口を入ると、まずお稲荷さんがあって吃驚しましたが、
そういえば、内子座の中にもお稲荷さんは祀られていましたし、
歌舞伎座右手にも御鎮座。
神妙に思いつつ、中へ中へ。

IMG_20170906_101154.jpg

事務所(受付)前。
タイムカードとかよりも、こういうアナログな感じが好きです。

IMG_20170906_102016.jpg

舞台前のお人形たち。
こうしていると、ただの人形ですが、
舞台の上では息吹きかけられて、活き活きと。

IMG_20170906_102114.jpg

開演直前にもかかわらず、かなり奥まで、
ご丁寧にご案内いただきました。
見学人数も多かったので、おそらくさまざまなところで
ご迷惑をおかけしたかと思いますが、
いろいろとお気遣いいただき、重ね重ね感謝です。
使い重ねられたお道具や行李なども拝見し、
本当に多くの方が長くしっかりと携わっていらっしゃるのだなと
伝統芸能について、改めて想うことがありました。

「生写朝顔話」、一言でいうと、
(チラシにある通り)"すれ違いの恋の物語"

物語自体は、文楽に珍しくハッピーエンドなのですが、
今回の宇治川蛍狩り~大井川の段では
恋の喜びはあるものの、周りを巻き込んだ挙句、
かなり悲痛な感じで終わっています。

今回はさまざまなところで「微妙」「巧妙」「神妙」と、
「妙」な感じを受けましたが、終演後のレクチャーも「絶妙」。

IMG_20170906_160655.jpg

ひとつの職業に対し、30年以上かけて
向き合っていくという、伝統芸能の世界について
改めて畏れと尊敬の念を持ちました。
近松、シェイクスピア、劇作家は数多あり、和洋かかわらず
ヒューマンドラマは基本的に悲劇が多いと思われますが、
たまには、ハッピーエンドの舞台も観られれば幸いです。。

秋分を前に。その壱~内子座文楽~

  • Day:2017.09.20 01:22
  • Cat:Report
今年の夏はあっという間で、ふと気づくとお彼岸…。
長いお休みはなかったのですが、
いろいろ、さまざまな出会いがありましたので、
備忘録としてブログにもアップしたいと思います。

まず、一つ目は内子座文楽
大正5年(1916年)に大正天皇の即位を祝って
創建されたという内子座。
記念すべきこけら落としは人形浄瑠璃だったそうで、
何だか深い因縁がありそうな…。

IMG_20170819_133948.jpg

第21回公演の演目は、
「豊竹英太夫改め六代豊竹呂太夫 襲名披露口上」、
「芦屋道満大内鑑 葛の葉子別れの段・蘭菊の乱れ」。

昨年は松山のみ泊でしたがルートを変え、
今回は高知県からの宇和島泊ルート。

IMG_20170819_093951.jpg

名物のアンパンマン列車(?)で
お子様たちと賑やかに揺られつつ内子駅に到着。
(内子で降りたのは大人ばかりでしたが…)
午前も午後も同じ内容ということでしたので、
午後の部を前に、さくっとランチ。

IMG_20170819_112359.jpg

下芳我邸にて、渓流の女王(?)あまごのお蕎麦をいただき、
木蠟産業で栄えに栄えた八日市護国
上芳我邸、木蠟資料館を見学。
はぜの実からつくる内子の木蠟は、
パリ万国博覧会・シカゴ万国博覧会・内国勧業博覧会等
数々の表彰を受け、日本を代表する世界的なブランドに。
明治末には愛媛県の晒蝋生産量が全国1位となり、
内子町はその7割を生産していたそうですが、
原材料の不足や石油などの代替品の登場などから、
1924年(大正13年)には製蝋業者がすべて姿を消したとのこと。
昨年は慌ただしく内子ワイナリーを訪問していたので、
内子の街並みや歴史を堪能できなかった分、今回は割としっかり見学。
それから、14時開演の午後の部へ。

IMG_20170819_134939.jpg

舞台と客席が近くて、かなり好い感じ。

IMG_20170819_134855.jpg

正面でもなく、東でもなく、
今回はあえて西桟敷(椅子席)で文楽鑑賞。
前回同様、スタッフの方たちの応対も素晴らしかったです。
内子ならではの、木蠟を使った演出もあり、大満足。

IMG_20170819_161547.jpg

舞台前の照明にも、このように蝋燭が使われていました。
外に出ると、夕暮れどき。

♪「はぜの葉ひとつ はぜの葉あかくて 入日色」

ふと、そんな歌を思い出し、
また来年も参るような予感と共に内子を後にしました。

暑中お見舞い申し上げます

平素はひとかたならぬご高配、ご愛顧、ご厚情、ご支援、ご用命を
賜りまして、心より厚く御礼申し上げます。

中国・近畿・東海・関東甲信で梅雨明け、
土用入りしまして、いよいよ本格的な夏到来。

お盆期間の営業とお客様対応窓口のご案内です。
以下の期間につきましては、夏季休業致します。

夏期休業期間  2017年8月11日(金)~ 8月13日(日)
※例年同様、カレンダー通りとなっております。

■お電話・FAXからのご対応窓口
Tel:03-6890-8333
Fax:03-6228-2004
※音声対応となります。

■メール、お問い合わせフォームからのご対応窓口
Mail:info@umizu.net
Http://umizu.net/contact/
※24時間随時受付けております。

大変ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い申し上げます。

暑さ厳しき折ですが 皆様くれぐれもご自愛の上、
ご活躍くださいますよう、お祈り致しております。

会社案内リニューアル☆

ふと気づくと、夏至を過ぎております。

今年は立て続けにさまざまなことに見舞われ、
5月、6月が慌ただしく、梅雨入りをしみじみ噛みしめることもなく
今に至っております。
このたび、会社案内をリニューアル致しました。

UMI会社案内2017_1P

UMI会社案内2017_2P

後日、PDFをアップロードできるよう
リンクを貼りたいと思っております。
(アナログなもので、手間取っております。。)

ご要望いただいた方には、
無料で印刷したものをお送り致します。

8期目も、末広がりなイメージで邁進して参る所存です。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

【6月26日追記】

PDFはコチラからダウンロードいただけます。

新期のご挨拶~第8期を迎えまして~

皆様

いつも大変お世話になり、有難うございます。
おかげさまで、第8期のスタートとなる本日を
無事に迎えることが出来、心より感謝申し上げます。

遡りますと、2008年に個人事業としてスタート。
その2年後に「株式会社海(UMI CO., LTD.)」と法人登記しまして
現在に至ります。

「企業を豊かに、個人をより豊かに。そして、社会を豊かに」

グローバル化という趨勢、また東京オリンピックに向け、
多言語の翻訳業務が増えたり、
業務内容が若干変化することもありますが、初心は変わりません。

各プロジェクトに応じて国内・海外における独自のネットワークを活用し、
100名を超える、女性を中心とした提携スタッフと共に作業を行っています。

スタッフ一同、これまで以上に精進して参りますので、
引き続きのご支援、ご指導、ご鞭撻、ご意見を賜れば幸いです。

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。


平成29年(2017年)6月9日