会社案内リニューアル☆

ふと気づくと、夏至を過ぎております。

今年は立て続けにさまざまなことに見舞われ、
5月、6月が慌ただしく、梅雨入りをしみじみ噛みしめることもなく
今に至っております。
このたび、会社案内をリニューアル致しました。

UMI会社案内2017_1P

UMI会社案内2017_2P

後日、PDFをアップロードできるよう
リンクを貼りたいと思っております。
(アナログなもので、手間取っております。。)

ご要望いただいた方には、
無料で印刷したものをお送り致します。

8期目も、末広がりなイメージで邁進して参る所存です。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

【6月26日追記】

PDFはコチラからダウンロードいただけます。

新期のご挨拶~第8期を迎えまして~

皆様

いつも大変お世話になり、有難うございます。
おかげさまで、第8期のスタートとなる本日を
無事に迎えることが出来、心より感謝申し上げます。

遡りますと、2008年に個人事業としてスタート。
その2年後に「株式会社海(UMI CO., LTD.)」と法人登記しまして
現在に至ります。

「企業を豊かに、個人をより豊かに。そして、社会を豊かに」

グローバル化という趨勢、また東京オリンピックに向け、
多言語の翻訳業務が増えたり、
業務内容が若干変化することもありますが、初心は変わりません。

各プロジェクトに応じて国内・海外における独自のネットワークを活用し、
100名を超える、女性を中心とした提携スタッフと共に作業を行っています。

スタッフ一同、これまで以上に精進して参りますので、
引き続きのご支援、ご指導、ご鞭撻、ご意見を賜れば幸いです。

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。


平成29年(2017年)6月9日

第三十三回こんぴら歌舞伎@旧金比羅歌舞伎大芝居(金丸座) 後編

  • Day:2017.05.06 21:22
  • Cat:Report
私が伺ったのは週明けでしたが、割と満席状態。
東京からというより、関西からいらっしゃる方が
多い印象を受けました。
撮影したのは、開演15分ほど前でしたので、
ところどころ、座布団が見えています…。

IMG_20170410_105650.jpg

小雨降る、肌寒い陽気だったので、
膝掛けの毛布がよく出回っていました。
(冷え性なので、私もお願いしました。)
現存する日本最古の芝居小屋、
国の重要文化財ということで、お手洗いは別棟。
突貫で作られたユニセックスでした。

さて、今回の演目は、こちら。

IMG_20170410_105424.jpg

第一部 午前十一時開演

一、「神霊矢口渡」
二、「忍夜恋曲者 将門」
三、「お祭り」

一、「神霊矢口渡」は、江戸で人形浄瑠璃の作品として初演。
平賀源内が福内鬼外というペンネームで書いたもの。
自らの命を犠牲にし、恋しい人に尽くす娘と、敵となった強欲な親との対立。
二、「忍夜恋曲者 将門」では、英雄・平将門公の娘である滝夜叉姫が、妖術を使い、
源頼信から将門の残党狩を命じられた大宅太郎光圀と戦う様が描かれます。
三、「お祭り」は、片岡仁左衛門ファンにはたまらない一作。
江戸の三大祭りのひとつ・山王祭で、ほろ酔いになった鳶頭
粋でいなせ、色気たっぷりの松吉を十二分に堪能。

私は素人の伝統芸術好きなので、
細々したことは申せませんが、
やはり、役者との距離が近く臨場感があります。
(内子座でも、昨年そのような印象を受けましたが、
今後も地方興行を観て、比較していきたいと思います。)

五代目中村雀右衛門の襲名披露がメインでありましたが、
歌舞伎座で観たこともあり、今回第二部はご遠慮させていただき、
せっかくなので、こんぴらさん詣で。

IMG_20170410_144741.jpg

「象の目の 笑ひかけたり 山桜」

有名な句を思い出しつつ、
海の守護神まで、1368段の石段。
かなりキツイところですが、
桜のトンネルをくぐり、参ります。

IMG_20170410_145419.jpg

途中、神馬に遭遇。
神社へ赴くと、ついつい神馬に惹き寄せられてしまいます。
思わずパチリ。

IMG_20170410_145711.jpg

もう一頭のサラブレットは、なかなかお顔を見せてくれなくて残念…。

IMG_20170410_153337.jpg

私がカメラを身構えている中、馬を見る、さまざまな人の、
さまざまなことばが飛び交っていました。

「春うらら 磴道につづく人波の 北の南の 国訛りかも」

琴平町の第1号名誉町民、第21代宮司の歌にも出会い、
いまむかし、インバウンド需要についても考えさせられました。

IMG_20170410_152022.jpg

御本宮を拝殿。
奥社まで迷いましたが、来年も来るような予感があり、
今回はこちらまで…。

IMG_20170410_152342.jpg

木馬舎や祓戸社前銅馬、三穂津姫社直所前にも銅馬。
午年生まれの私としては、少し奇妙な親近性をおぼえました。

お酒好きの私は、旅行けば可能な限り
酒づくり、ワインづくり(その関連施設)を拝見しているのですが、
こんぴらさんの御神酒を造っている
西野金陵株式会社への酒造見学はスケジュール上、断念。
「飲めずに帰るかな…」と思っていたところ、
さまざまなハプニングがあり、最後の最後でいただけることに。

IMG_20170411_182503.jpg

「守れ権現  夜明けよ霧よ 山は男の度胸だめし
行けよ荒くれ どんどん登れ 山はいのちのみそぎ場所」

造り酒屋に生まれた言葉の魔術師の歌を思い出し、
ほろ酔いながら、いただきました。
来年も、訪れることを楽しみに。

第三十三回こんぴら歌舞伎@旧金比羅歌舞伎大芝居(金丸座) 前編

  • Day:2017.05.04 22:22
  • Cat:Travel
GW最中の八十八夜を過ぎまして、もう蛙が鳴き始める頃ですが、
先月四国こんぴら歌舞伎に行って参りました。
かなり遅い情報になりますが、ご報告致します。。
その前日は、関東で大雨

DSC_0028.jpg

十数年ぶりに訪れた小田原城もこんな感じ。
「晴れ女」と自負していただけに、地元の衝撃的な風景に圧倒。。。

IMG_20170410_074204.jpg

翌朝はこの通りのお天気の中、高松へ。

IMG_20170410_104134.jpg

小雨パラつく微妙なお天気でしたが、こんな景色も
IMG_20170410_104055.jpg

今治造船をはじめとする四国の企業はもとより、
しっかり幟がたなびいておりました。
東海道つながりですと、清水次郎長一家もこんぴら参りをしていたそうな…
(無理矢理過ぎますが…)

IMG_20170410_102333.jpg

あまりにも早朝だったので、フライングうどん。
鳴門わかめの存在感。温泉玉子も埋もれそう。

IMG_20170410_103517.jpg

実演ありきの、「こんぴらうどん」で
わかめうどんを美味しくいただきまして。
(おでんについては、ちょっと迷いました…)

IMG_20170410_104514.jpg

いよいよ、こんぴらさんの歌舞伎。
ちなみに、旧金毘羅大芝居は、天保6年(1835)に建てられた、
現存する日本最古の芝居小屋。

IMG_20170410_105049.jpg

流石のこんぴら歌舞伎、提灯の絵柄にも吃驚。
鶴のマークの団扇もいただきましたが、
かなり馴染んでいます。
呼び子さんもなんだか手慣れている感じ。
毎年のことだからでしょうか…。

IMG_20170410_105650.jpg

チケットは、S席(1回東出席、西出孫席、2階前舟)
A席(1階平場、2階中舟、青田組)
B席(2階後舟)と分類。

こんな感じで、座布団と座椅子のような席があるのですが、
私は今回初めてということもあり、東西関係なくでチョイスし、
敢えて横から、拝見致しました。

【お知らせ】アフリカへ毛布をおくる運動

例年4月~5月に行われているキャンペーン。

mofu_poster2017s2.jpg

2017年で現地配付33年、これまでに411万枚以上の
毛布をアフリカへ届け続けている運動です。
ご縁とお仕事をいただき、今年もポスターをはじめとする
販促ツールのコピーライティングを担当しております。

mofu_poster2016s.jpg

上のポスターが昨年。

mofu_poster2015s.jpg

そして一昨年制作のもの。
3年連続いただいているお仕事、
有難い気持ちでいっぱいです。

ご興味ご関心のある方は、
JBACのHPを覗いていただけますと幸いです。
毛布のご提供については、こちら
大型連休前後に断捨離を敢行される方もおられると思います。

以下、引用掲載致します。

【キャンペーン期間】
2017年4月1日(日)~5月31日(水)

【参加方法】
参加には2通りの方法があります。

1.毛布+海外輸送協力金
毛布を下記の宛先までご発送ください。また、あなたの毛布が日本を出発して現地の人びとの手に届けられるまでに、一枚あたり1,000円かかります。あなたの毛布を現地へ届けるために、海外輸送協力金にもぜひご協力ください。

2.海外輸送協力金のみ
毛布を現地へ届けるために、海外輸送協力金のみも受け付けております。

【毛布送付先】
〒231-0811 横浜市中区本牧埠頭3番地8号棟  本牧埠頭B貨物センター
「日通 本牧毛布係」宛て
Tel: 045-622-1516
※日本通運倉庫までの送料は、各自ご負担ください。土・日・祝日はお休みです。
※毛布の受付期間は4月1日~5月31日です。

以上、告知でした。
よろしくお願い申し上げます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。